弱アルカリ性

弱アルカリ性石鹸

石鹸と言っても、様々な種類があることをご存知でしょうか。これは「洗顔石鹸」とか「身体を洗う石鹸」という意味ではなく、「家庭用品品質表示法に基づいた石鹸」「薬事法に守られた石鹸」などのことです。

 

同じ「薬事法」に守られた石鹸の中でも、種類によって製法や技術は異なります。単色の石鹸よりも透明石鹸のほうが、石鹸素地の分量が少なくなる分、天然のグリセリンや砂糖などの保湿成分が多く含まれる上に、添加エキスも十分に配合することができるのです。「ウド石鹸」は、このようなことから「透明石鹸」にこだわって作られているのです。

 

保湿成分の多い「ウド石鹸」は、必要な脂を摂りすぎることなく洗浄するので、洗顔料として洗顔に使うと、洗い上がりのお肌がツッパリ感が少なく、肌荒れを起こしにくくなるという特徴があります。そんな「ウド石鹸」は、植物の恩恵を受け、より優しさを追求したことにより「透明石鹸」になっているのです。

 

そして「ウド石鹸」は弱アルカリ性にこだわっています。弱アルカリ性の特徴は、毛穴を膨張させるので、毛穴の奥の汚れまでをしっかりと落とすことができると言うことです。そして膨張した毛穴は、空気中の炭酸ガスで中和され元に戻るのです。そんな特性にこだわった「ウド石鹸」は、理想的ともいえる低刺激の「弱アルカリ性石鹸」です。

 

その上、保湿成分でもあるスクロース・セリシンを最大限に配合していますから、洗ったあとのしっとり感が残るのです。また「ウド石鹸」は、無着色・無香料・無鉱物油・パラベン不使用です。でも「ウド石鹸」が黄色いのは、天然素材であるパーム油・ヤシ油を使っているからです、着色料ではありませんのでご安心ください。このようなこだわりを持って作られた「ウド石鹸」は、自然のままの優しさが肌を守ってくれるのです。